管理人

中性脂肪の基礎知識

中性脂肪とコレステロールの違い

どちらも脂肪で混同されやすいがコレステロールと中性脂肪は違います。

中性脂肪とは
肝臓や脂肪に蓄えられたエネルギー源で、体温を保ち内臓を外部の衝撃から守る役目があります。運動する時などにエネルギーとして使われ燃焼されます。
コレステロールとは
悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)の2種類があり、細胞膜、ホルモン、胆汁酸の材料です。悪玉コレステロールは動脈硬化の原因の1つです。コレステロールは運動によって燃焼されることが無いのでどんどん体にたまってしまいます。

関係ないように見える2つなのですが、

中性脂肪が増えるとLDLが増え、HDLが減る。
すると

動脈硬化を促進=高血症という病気!
これはやばい!

健康診断でコレステロール数値も高かったのは中性脂肪のせいもあるとは知らなかったです。

中性脂肪を減らせば悪玉コレステロールも一緒に下がるというし、まだまだ健康でいたいし、本気で取り組まないといけないと再確認しました。

中性脂肪の基準値

   

中性脂肪の基準とされる値は50~149mg/dlの範囲内です。

健康診断、定期健診で「トリグラセライド」または「TG」という名称になっていることもあります。

数値が500mg/dlオーバー辺りになると、医師の指導の元で薬を飲みながらの生活改善が必要になるらしいです。毎年同じような安定した食生活なのに、今年だけ急に中性脂肪の数値が跳ね上がったという方は、再検査をした方が良いみたいです。

僕は300オーバーでしたが、もし面倒臭がって検査を受けずにいて、あのままの生活を続けていたらどうなってしまっていたんだろうかと考えると怖くなりました。

      

中性脂肪が高くなる生活習慣

   

以下を読んでみると、そんな事が悪い事ぐらい知ってるよ。という内容ですが、実際僕は全部当てはまっていました。1つも該当しない人なんて居ないんじゃないかと思う内容だからこそ、ちゃんと気を付けて生活を見直す必要があるんです。

  • 外食が多い
  • 炭水化物が好きだ
  • 肉食で野菜不足だ
  • 魚を食べない
  • 脂っこい食べ物が好きだ
  • お菓子が好きだ
  • 毎日のようにお酒を飲む
  • タバコを吸っている
  • 運動不足だ
  • ストレスを多く感じる
      

これを見る限り、現代病といってもおかしくありませんね。

年齢・性別に関係なく、誰にでも中性脂肪が高くなる可能性があるってことですよね。

社会人になると、当てはまる項目が増えてしまうと思うので、 気を付けて生活をしたいです。